スーツを着こなすということは

スーツを着こなすということは、自分のスタイルを確立することです。憧れだったあの人は、堅牢なブリティッシュ・スーツをクールに着こなしていた。恰好良かったあの人は、ドレープの効いたイタリアン・スーツをエレガントに着こなしていた。スーツは個性を表現する重要なアイテムです。だからこそ、スーツには着る人それぞれのこだわりが凝縮されていてしかりです。生地、仕立て、フィッティング、シルエット、ボタンなど、そのすべてを、自分の思い通りにオーダーしてみたい。そうした、こだわりに応えてくれるのがオーダースーツです。オーダースーツは高額、時流にそぐわない、それは、今や間違った認識です。自分に合った良質なスーツを着たいなら、今こそオーダースーツを選ぶべきです。自分のスタイルを確立したい。それならば、迷わずこだわりのオーダースーツを仕立ててみよう。

オーダースーツのマニッシュ(名古屋市千種区)
創業120年以上続く、老舗生地問屋直営の専門店。
オーダースーツだけでなく、オーダーシャツ、オーダーネクタイなども。
全て国内で縫製。

オーダースーツの楽しみ

オーダースーツの楽しみは、自分のスタイルを作り上げていくことです。スーツを上手に着こなすコツ、それはまずはじめに、着こなしのお手本となる人を見つけることとです。こだわりのスーツが着てみたくなったら、さっそくオーダースーツを作ってみよう。でもその前に、まずは予備知識を入れておくとよいです。
オーダースーツとは一体どのようなものなのでしょうか?日本では現在、オーダースーツは様々に規格に区分され、実に10種類以上にも渡る名称で呼び分けられています。例えば、オーダーメイド、パターンメイド、カスタムメードなどです。そのためオーダースーツの正式な定義は曖昧となり、時として難解なものという印象も否定できません。
オーダースーツの規格は、たしかに幾通りもの名称で呼ばれていますが、大きく分類すると、各顧客に応じて1からパターンを起こす「フルオーダー(完全な注文服)」と、あらかじめ決められたパターンから調整を行う「パートオーダー(部分的な注文服)」の2種類に分けれます。欧米では、これらを「ビスポーク(フルオーダー)」と「メイド・トゥ・メジャー(パートオーダー)」または「ス・ミズーラ(パートオーダー)」として呼び分けています。「フルオーダー」には、パーツを仮組して調整を行う「仮縫い」という工程があります。これは、職人さんによるフルハンドの仕立てが主となるため、その価格は一般的に高額です。それに対して「パートオーダー」は、基本的に「仮縫い」は行わず、フィッターの採寸をもとに「直縫い」で仕上げていきます。「仮縫い」工程を補うのは、採寸時に着用する「ゲージ服(測定服)」です。価格は様々で、既製品並みにリーズナブルなものもあれば「フルオーダー」並みに高額なものもあります。