>

スーツのスタイル

ひと括りにスーツと言っても、そこには様々なスタイルがあります。それぞれのスタイルには象徴的なディテールがあり、スタイルを示す明確な特徴があります。どのようなオーダースーツをつくるのか?その前に、スーツ基本的なスタイルを知ると良いです。スーツの基本的なスタイルは、大きく3つあります。堅牢な仕立てを特徴とする「ブリティッシュ・スタイル」。柔らかな仕立てを特徴とする「イタリアン・スタイル」。ゆとりある仕立てを特徴とする「アメリカン・トラディショナル・スタイル」。それらのスタイルの特徴を知ることは、正しい着こなしのお手本を得ることになります。基本的なスタイルを知り、自分流のアレンジを加える。そこから、こだわりのオーダースーツ作りがはじまります。

ブリティッシュ・スタイルの特徴

ブリティッシュ・スタイルの特徴は、なんと言っても張りのあるショルダーライン。肩パッドを厚くしてビルドアップしたシルエットは、威厳のあるブリティッシュ・スタイルの象徴的なディテールです。打ち込みのしっかりとした固めの生地で仕立てるハードテイラリング。固い馬の毛を使った毛芯の仕様など、堅牢なスーツづくりこそ、ブリティッシュ・スーツの基本的なスタイルです。

イタリアン・スタイルの特徴

イタリアン・スタイルは、大きく分けて2つあります。南イタリアのナポリ・スタイルと、北イタリアのミラノ・スタイル。日本で普及しているクラシコ・イタリアは、ナポリ・スタイルの流れを組むものです。ドレープの効いた滑らか生地で仕立てるソフトテイラリング、パッドを薄くしたナチュラルショルダー、柔らかでエレガントなスーツづくりこそ、イタリアン・スーツの基本的なスタイルです。

アメリカン・トラディッショナル・スタイルの特徴

アメリカン・トラディッショナル・スタイルの特徴といえば、なんと言ってもゆとりあるBOX型シルエットです。機能性を重視したスポーティーな仕立てです。胴回りは絞らず、肩廻りに余裕を持たせたナチュラルショルダーです。窮屈さを排除した自由な仕立てこそ、アメリカン・トラディッショナル・スタイルの基本的なスタイルです。

どのスタイルがあなたのお好みでしょうか。実際に店舗に行ってみて、着てみるとはっきりしてくることでしょう。